未分類

Androidで神経衰弱ゲームつくりました。

投稿日:

      

プログラムの解説

14行目のT[ ]はカードをシャッフルする領域です。

Tebanは、プログラムを制御する領域です。

  1.  0の時は、1枚目のカードをクリックします。
  2.  1の時は、2枚目のカードをクリックします。
  3.  2の時は、2枚のカードを照合します。

同じ数字の時は、削除してArrayListに追加します。(ソースコード94行目)

違う数字の時は、裏返します。(ソースコード99行目)

19行目のc1,c2は選択したカードを記憶しておく領域です。

コンストラクタでArrayListに仮にカードを登録しています。

最初から0,1,2のカードが重ねて描画しています。

onDrawメソッドでT[ ]でシャッフルされたカードを描画します。

42行目→T[i]<0x100は(iの値が256より小さい時)表を描画します。

T[i]<0x200は(iの値が256以上で512より小さい時)裏を描画します。

T[i]>=0x200は(iの値が512以上)何も描画しない。

53行目のTeban==0の時は、1枚目です。Teban==1の時は、2枚目。

Teban==2の時は、カードを照合します。

同じ数字の場合は、削除してArrayListに追加します。

違う場合、裏返します。カードの値を13で割った余りが一致すれば同じ数字と判定できます。

Cardクラスの説明

コンストラクタでCardクラスをインスタンス化します。カードの幅150、高さ200です。

Wnum、Hnumは切り分ける、カードの横と縦の枚数です。

frameNumは切り分けるカードの総枚数です。

47行目はシャッフルメソッドです。

card.Shuffle(T,52);

まずカードの52枚に0~51の値を入れます。

int index = random.nextInt(n); で0~51までのランダムな数字をindexに入れt[i]と交換しています。

| 0x100はカードを伏せて描画するためです。

実行結果

カードがシャッフルされ伏せて描画されています。(値が256以上512より小さい時)

カードの値を分かりやすく右下に表示させました。

カードをタッチすると値が0になりました。

2枚目をタッチ同じ数字です。

2枚とも削除され値が512以上になりました。

ArrayListに追加されました。

以上で神経衰弱ゲームの解説は終了します。

プログラムを改造し人間同士の対戦にしたり、対コンピューター戦にしても面白いと思います。

今後もゲームプログラミングの解説を行っていきます。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サンプルイメージ

継承

    継承のしくみを知る これまでは、「キャラクタ」の機能をまとめたクラスを使って、プログラムを作成してきました。この章では、さらに、新しいプログラムを作成していくことにしましょう。 5種類の格闘ゲ …

サンプルイメージ

練習問題(日付クラス)

         練習12-1 実行した日を含め30日を画面に表示してください。 練習12-2 CharacterオブジェクトをyyyyMMdd形式の文字列に変換するメソッド、formatYMDを作成 …

サンプルイメージ

練習問題

練習問題  HelloWorld.java 以下のプログラムの空欄を埋めて実行結果のように表示させてください。 練習問題  ChangeXY.java 下のプログラムの空欄を埋めてアイテムAとアイテム …

Android 練習問題(文字、図形の描画)

     問題1-1 Kuku 九九の表を表示してください。 問題1-2 CheckerBoard 下図のように表示させてください。正方形の大きさは適当でよい。 問題1-3 AslantLine 以下 …

サンプルイメージ

変数

変数のしくみを知る プログラムを実行するとき、いろいろな値を記憶させながら処理をしていきます。例えば ユーザーが入力した数値を画面に出力する というプログラムについて考えてみましょう。まず、数値をどこ …