未分類

練習問題(for文)

投稿日:

練習6-1 Hello1.java

次の図のように「こんにちは」を

10回表示してください。

                   実行結果

     

練習6-2 Hello2.java

下記のプログラムの空欄を埋めてキーボードで入力した回数分「こんにちは」を表示してください。

      

練習6-3 Number1.java

10~20までの数字を

表示するプログラムを作成してください。

              実行結果

    

練習6-4 Number2.java

0~20までの数字を横に表示するプログラムを作成してください。

練習6-5 Number3.java

30~20までの数字を横に表示するプログラムを作成してください。

練習6-6 Number4.java

次のプログラムの空欄を埋めて実行結果のように数字を表示するプログラムを作成してください。

      

    

練習6-7 Number5.java

次のように数字を表示する

プログラムを作成してください。

                      実行結果

    

    

     

練習6-8 Number6.java

次のように数字を表示する

プログラムを作成してください。

        実行結果

   

練習6-9 Number7.java

次のプログラムの空欄を埋めて下記のように数字を表示するプログラムを作成してください。

練習6-10 Number8.java

次のように数字を表示するプログラムを作成してください。

練習6-11 Greeting.java

キーボードから時間を入力すると、

0時から6時までは「おやすみ」、7時から10時までは「おはよう」、11時から17時までは「こんにちは」、18時から23時までは「こんばんは」、それ以外の時間が入力されると「0~23を入力してください」と表示するプログラムを作成してください。

練習6-12 Multiple1.java

1から100までの数字で3の倍数または5の倍数を下図のように表示してください。

練習6-13 LeapYear1.java

2000年から2150年の間でうるう年である年を表示するプログラムを作成してください。

なお、うるう年とは、西暦を

「4で割った余りが0で100で割った余りが0でない」または「400で割った余りが0」が成り立つ年のことである。

      

練習6-14 Graph1.java

次のような実行結果となるように

プログラムを作成してください。

コマンドライン引数を使用する。

               実行結果

              

        

練習6-15 Graph2.java

次のような実行結果となるように

プログラムを作成してください。

コマンドライン引数を使用する。

             実行結果

    

練習6-16 Graph3.java

次のような実行結果となるようにプログラムを作成してください。

練習6-17 KuKu1.java

次のような九九の表を表示するプログラムを作成してください。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サンプルイメージ

クラス変数、クラスメソッド

      これまでのコードは、クラス内のメンバ(フィールドとメソッド)は、オブジェクトが作成されたときに、はじめて値を格納したり呼び出したりすることができました。 オブジェクトを作成することによって …

Android studio 実機でテストする

            Android端末でアプリを実行するには、「開発者向けオプション」の設定と、USBケーブルでのパソコンとAndroid端末の接続が必要になります。 Android端末での「開発 …

Android 練習問題(文字、図形の描画)

     問題1-1 Kuku 九九の表を表示してください。 問題1-2 CheckerBoard 下図のように表示させてください。正方形の大きさは適当でよい。 問題1-3 AslantLine 以下 …

プログラム

プログラムのしくみ

ワープロ、表計算ソフトのような「プログラム」を使うことは、文字を表示し、書式を整え、印刷するといった特定の「仕事」をコンピューターに指示し、処理させないといけません。 プログラミング言語 Java コ …

サンプルイメージ

スレッドの基本

        これまでのプログラムは、main()メソッドから始まって、順番に文を実行、条件判断文をたどっていました。 Javaでは、この「処理の流れ」を複数もつことができます。 コード上から複数の …