未分類

画面への出力

投稿日:

前回画面に文字列を出力するコードを学習しました。「System.out.println・・・」という言葉に注目してください。この「System.out」とは、

標準出力(standard output)

と呼ばれる、コンピューターの装置と結び付けられている言葉です。「println」は、その画面に文字列をプリント(表示)することを意味しています。printlnのかわりにprintという言葉を使うこともできます。

上記のようにprintでは1つごとに改行されず、続けて出力されました。使い分けると便利です。

main()メソッド

私たちはまず、このコードの指示が、どこから始まり、どこで終わっているのかを知っている必要があります。まず、

public static void main(String[] args)

と書かれている行を見てください。Javaのプログラムは、原則としてこのmain()と記述されている部分から処理が行われることになっています。

次に11行目にある } を見てください。原則としてこの部分まで処理が行われると、プログラムは終了します。

中カッコ({})で囲まれた部分は、ブロック(block)と呼ばれています。「main」がついたブロックには、特別にmain()メソッド(main method)という名前がついています。

1文ずつ処理する

それでは、main()メソッドの中をのぞいてみましょう。Javaでは、一つの小さな処理「仕事」の単位を文(statemant)と呼び、最後に;(セミコロン)という記号をつけます。すると、この「文」が、

原則として先頭から順番に、1分ずつ処理される

ということになります。

コードを読みやすくする

main()メソッドは、数行にわたって書かれています。Javaコードは、

文の途中やブロックの中で改行してもよい

ということになっているからです。意味のつながった言葉の間などでなければ、自由に空白や改行を入れることができます。つまり、

pub    lic sta   tic void m  ain (String[] args){

などといった表記は間違いですが、

public static void main(String[] args){

というように、空白を入れたり改行してもよいことになっています。

コード中で字下げを行うことを、インデント(indent)と呼びます。インデントをするには、行頭でスペースキーまたはTabキーを押してください。

これから次第に複雑なコードを記述していくことになります。インデントをうまく使って、読みやすいコードを書くことを心がけましょう。

コメントを記述する

main()メソッドについて理解できたでしょうか?//記号のある行を見てください。Javaのコンパイラは、

//という記号からその行の終わりまでを無視して処理する。

ことになっています。//記号のあとには、メモとして入力しておくことができます。これをコメント(comment)といいます。Javaだけでなく、多くのプログラミング言語は、人間にとっては決して読みやすい言語ではありません。コメントを書くことにより読みやすいコードを作成していくことができます。

もうひとつの方法でコメントを記述する

/* */で囲まれた部分がすべてコメントになる

ということになります。複数行にわたってコメントを書くこともできます。//を使うスタイルはコメント記号から行の終わりまで無視なので、複数行にわたってコメントを入力することはできません。

リテラルとは

文字の列を出力する簡単なコードを学びました。これまでのコードを応用して、Javaの文字・数字・文字列の書き方を学ぶことにしましょう。

Sample1_03_3では、さまざまな文字や数値が出力されています。’A’、”ようこそJavaへ!”、123といった特定の文字や数値の表記を、Javaではリテラル(literal)と呼びます。

一定の「値」を表すために用いられる、Javaの単語のようなもの

と考えてみてください。

文字リテラル

  • 一つの文字
  • 文字の並び(文字列)

の2種類のリテラルを区別して扱っています。一つの文字は、文字リテラル(character literal)と呼びます。実行結果から画面には’ ’がつかずに出力されることに注意してください。

エスケープシーケンス

ところで、文字の中には、キーボードから入力できない特殊な文字もあります。このような文字については、¥を最初につけた2つの文字の組み合わせで「1文字分」を表すことができます。これをエスケープシーケンスといいます。

なお、環境によっては、¥が\(バックスラッシュ)として表示される場合があるので注意してください。

「¥¥」「¥’」と記述した部分が、「¥」「’」と出力されています。

文字コード

コンピューターの内部では、文字も数値として扱われています。Javaでは、Unicode(ユニコード)と呼ばれる文字コードが使われています。

Unicodeでは8進数の「101」がA、16進数の「61」がaに対応しています。

文字列リテラル

文字1文字に対して、複数の文字の並びを文字列リテラルといいます。’ ’ではなく” “でくくって記述します。

  • ”Hellow”
  • ”Goodbye”
  • ”こんにちは”

出力された文字列には” ”がつかないことに注意してください。

数値リテラル

Javaコードには、数値を記述することもできます。数値には、次のような種類があります。

  • 整数リテラル(integer literal)            1、3、100など
  • 浮動小数点数リテラル(floating-point literal) 2.1、3.14、5.0など

整数リテラルは、’ ’や” ”でくくらないで記述してください。整数リテラルには、一般的な表記法以外にも、いろいろな書き方があります。例えば、8進数、16進数で数値を表記することもできます。

  • 8進数…数値の先頭に0をつける
  • 16進数…数値の先頭に0xをつける

10進数、8進数、16進数で表記した「10」を出力してみました。数値は、” ”の中に入れていません。数値と文字列を組み合わせて出力するには、+記号でつないでください。

いろいろな数値の表記法を使用しても、画面には10進数で出力されます。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サンプルイメージ

メソッドの引数

メソッドでさらに柔軟な処理を行うことができます。メソッドを呼び出す際に、 呼び出し元からメソッド内に何か情報(値)を渡し、その値に応じた処理を行う ということができます。メソッドに渡す情報を引数といい …

サンプルイメージ

練習問題(配列)解答例

配列を利用すると、同じ種類の多くのデータを扱うことができます。たくさんのデータをまとめ、簡単に管理することができます。今はすべてを理解しようとせずに前に進みましょう。 大切なのは、プログラミングを勉強 …

サンプルイメージ

練習問題(メソッド)解答例

次の章ではクラスのアクセス制限、オーバーロード、コンストラクタについて学んでいきましょう。

サンプルイメージ

コンストラクタのしくみ

                 クラスの中には、フィールドとメソッドのほかに、コンストラクタと呼ばれるものを記述することができます。 コンストラクタは、メソッドに大変よく似ています。しかし、コンスト …

サンプルイメージ

クラスライブラリのしくみ

                 今まで、クラスの基本について学びました。これまでは以下のような手順でクラスを作成してきました。 クラスを設計するコードを書く → クラスを宣言するクラスを利用するコー …